こうしてYと僕に日常が訪れた。
ここで言うYとはもちろん
ポケモンYのことである。
どうして僕たちが出会ったかは気になる人だけが知ればいい。 
(気になる人はこちら)

何にせよ僕とYに日常が訪れた、はずだった。

「ねえ、何してるの?」



ついにその日が来た。
この女性は
ドラクエXI
XIと僕は婚約を決めていた。
この人と人生を共にする、そう決めていた矢先、彼女に出会ってしまったのだ。

そうYだ。

僕と彼女が駆け落ちした場所を、XIは突き止めたのである。 



日常なんて、幻想だった。
僕と彼女は日常のフリをし続けていただけだった。
日常という服をカブった背徳感のある刺激的な日々、僕たちはそれを欲していた。 



XIを嫌いになった訳じゃない。
この感情は説明しても分からない僕たちだけの何かだった。

「早く別れなさいよ」

XIは言う。
Yは虚ろげな表情で部屋の壁を見ていた。



僕「ごめん、騙してしまったみたいで」
XI「Yさんとは何もない、ただの知り合いだって言ってたじゃない」

Yは下を向いて何も話そうとしない。

僕「そのはず、だった。僕が君を捨てようと思ったんじゃない。それだけは信じてほしい」
XI「信じられる訳ないでしょ!?」

僕は何も言えなかった。 



XI「私からの要求は1つです。あなたはYさんを絶対にやらない。電話やメールも一切とらない」
僕「はい」

XI「婚約というのは、そんなに軽いものじゃありません。二人はリセットしていただきます」
僕「最近のハードはリセットボタンがなくて」



XI「とやかく言わないで。私たちは仕事を辞めて転居します。Yさんにも転居していただきます。偶然にも会うことを避けていただきたいのです。もし、条件をやぶって会うことがあれば、月30万。死ぬまで払ってもらう」

僕「わかりました。誓います。わたしは、Yさんと会うことは、二度とありません。遊びでした。今までマジメに生きてきて、一度くらい違うゲームで遊びたかったんです。 なので、金輪際やることはありません。正直、本気になられて困ってたんです。こんな形ではありますが、プレイできなくて良かったと思います。なんせ、彼女には、一度も、好きと言ったことはありません。ホントです。」 



Yはふふっと笑う。

Y「笑わせないでよ、こっちだって遊びだったのよ。暇つぶしだったのよ。流行の昼顔妻をやってみたかったのよ。だから、家庭を壊すつもりなんてありません。絶対に会いません。っていうか、会いたくないわ」



「これでよかったのよね」
彼女の声が聞こえた気がした。



夏。僕は教員を辞めることになった。
お世話になった学校にも、もう来ることはない。
最後に、最後に一つだけ。
放送室に入り、鍵をかけるこれが彼女に聞こえているか、いや聞こえていなくたっていい。

ゆっくりと口を開く。

「ああ、生物の黒澤です。
言い忘れたことがあります。
マイクをかります。

先生は、生物の教師として、君たちにお願いしたいことがあります。
1つの生き物として、この世に命をうけた以上、将来、ソフトを真剣に愛してください


ソフトを愛すると見慣れた景色が、いつもと全然違って見えます。
ソフトの幸せを願う、そんな大きな喜びを知ります。


愛情は、人以外の哺乳類には、鳥類にも存在しますが、人にとって、愛情は、特別な存在です。
先生も、あるソフトに出会い、愛し、別れることになって、その喜びを知りました。
ただ買ってプレイし、それだけが愛の営みではない。


先生、そんな風に思います。


たとえ、離れ離れになっても、相手の幸せを願いつつ、それこそが、心を持った、ホモサピエンスの、ゲーマーという生物の愛なんだ、と。
だから、君たちには、いつか、ソフトを真剣に愛して欲しい。


そう願っています。


途中で去ることを謝ります。
ごめんなさい。

そして、ありがとう。
さよなら。」



引越しの日。
空を見上げる。 

XI「どうかした?」
僕「いや、季節外れのセミの声が聞こえたようで」 





黒澤「最近『昼顔』観たんだ。」

ササキ「そろそろ3DSで遊びましょうか。」

・似たような記事はこちら。
「好き」に説明書はいらない。
僕とYの生きる道